速報

ヴァンゆん結婚はただの釣り?登録者稼ぎがひどいと大炎上!

ビジネスカップルとして知られているYouTuberのヴァンゆんチャンネル。

2021年12月25日のクリスマスに登録者250万人を目指して生配信を行いました。

しかし、この配信がひどいとSNSで大炎上する事態に。

 

この記事では、

  • ヴァンゆんチャンネルの企画が炎上した理由
  • SNSでのみんなの反応

についてまとめてみました!

ヴァンゆん結婚はただの釣り?登録者稼ぎがひどいと大炎上!

2021年12月25日時点で、チャンネル登録者数227万人だったヴァンゆんチャンネル。

登録者数250万人を達成できたら「結婚する」と企画を打ち、達成項目ごとにミッションをするという生配信を行いました。

しかし、この配信そのものが「ただの釣り」「全く面白くない」と炎上する騒ぎに発展しています。

2019年にも似た動画で炎上していた

2019年4月2日に投稿されたこちらの動画も、ノリで入籍すると言って炎上していました。

この時はエイプリルフールということもあり、嘘で終わらせても「面白かった」という好意的なコメントが寄せられていました。

しかし、今回の動画はそれとは別。

前日の12月24日にプロポーズすることを匂わせる動画も配信していたことから、「本当に結婚するかもしれない」とファンの間で話題に。

ただ、きちんとした結婚報告ではなく、生配信というエンターテイメント性を重視したことに対して、批判が集まっています。

これが、「単なる登録者稼ぎ」「ドッキリの方がマシだった」とファンをも悲しませる結果になっています。

2人の人生を決める結婚というのは、決して軽い出来事ではないため、一般の常識とはかけ離れたやり方に不満が集まっているようです。

ヴァンゆん結婚の生配信に対するみんなの反応!

ここでは、実際にアップされたSNSでの反応を抜粋して紹介します。

https://twitter.com/lemonpie0720/status/1474696919884898305?s=20

生配信中のチャット欄も荒れていて、「そこに愛はあるのか?」「結婚を冒涜するな!」とスーパーチャットを通してでも批判的なコメントが集中していました。

まとめ

ビジネスカップルとして、カップルならではのドキドキ感を演出する動画に定評がYouTuberだけに今回の炎上騒ぎは残念でなりません。

結婚という人生を変える出来事に対し、真剣に向き合ったのか、今回の生配信に至った経緯を説明してもらえなければ、視聴者としてもどのように受け取っていいかわからず混乱している。というのが、SNS上での反応を見ての感想でした。

どんな形であれ、2人がお幸せになれれば良いと思いますが、それを取り巻く周囲の状況は厳しいと言わざるを得ませんね。